SULFURIC ACID PRODUCT
RYUWAVEによる個人サークル「SULFURIC ACID PRODUCT」のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【紹介】HITNECK RECORDSとは?
TWISTED BASTARDZ-HITNEX VOL.1-公開より約1週間が経ちました。
いかがでしたでしょうか?
公開日がハードコアの日だったのにどちらかというとノイズ、インダストリアルがメインだったり、
割と人を選ぶ感じでもあったコンピにも関わらず、思っていたよりDLしていただけたようで驚いています。
聴いてくださった方々、メンバーのみなさんありがとうございました!

さて、ここでHITNECK RECORDSの紹介といたしましょう。
HITNECK RECORDSは、私、RYUWAVEと、Kobaryo氏(以下、ふるば氏)の2人が主宰を務めるネットレーベルです。
コンセプトは、「アンダーグラウンド」「メインストリームへの反発」「独創性」で、
ジャンルは主にハードコアテクノ、ノイズ、アンビエント、インダストリアル、実験音楽等を扱っていく予定です。

立ち上げに至るまでの経緯ですが・・・
まず、自分は、今年に入り、そろそろ東方アレンジ以外の活動もしていきたいなー、と考えていたところでした。
また、メジャー、マイナー関係なく、色々なジャンルの曲を聴き漁っていたこともあり、
色んなジャンルに挑戦したりあわよくば少しでも広めていきたいなーとも思っていました。
そういった音楽を作って発信していく場として、新たにネットレーベル立ち上げよう、と考えていました。

一方、ふるば氏は、ノイズ、インダストリアル主体のレーベル誰か作りましょう、
みたいなことを定期的にツイッターでつぶやいていました。
彼はクラブ系ネットレーベルCyberaser Recordsに所属していて、
スピードコア、サイケ、ノイズ、インダストリアル・・・と様々なジャンルをこなし、
色々ぶっとんだ個性的な曲を作り、さらにかわいらしい絵を描いたり刺激的なアートワークを作ったりと
マルチな才能を発揮するスーパークリエイターです。
自分とは初陣企画あたりからの付き合いで、東方アレンジ関連の企画でも結構一緒になったり、
作る音楽の方向が割と似ていたり(?)、と何かと縁のある方だと勝手に思ってます。

「せっかくだし、この際、ふるば氏と一緒にレーベル立ち上げようかな」
こうしてHITNECK RECORDS創立の計画が始まったのでした。

立ち上げにあたり、自分とふるば氏は、センスの光る5人のクリエイターを召集。
自分からは、
同じCHAOS MIXERのアングラ電子音楽部門で、ヘタレ企画からの長い付き合いでもあるgomaさん、
強烈で、かつ個性的なスピードコアを作るFRN-G兄貴、
同じFUCKOKAの住民で、ハードコアを中心に攻撃的なサウンドを作り出す若手クリエイターThyonくん
の3人を招待。
ふるば氏からは、Cyberaserより
ハードコア、ハードダンスを中心に、様々なジャンルを追求するNizikawa氏、
アブストラクトを中心に超美麗なるグラフィックを手掛け、
さらにはサイト制作、楽曲制作まで行うデザイナー兼コンポーザーのedit
の2人が召喚されました。

集いし7人のクリエイター。
みんな才能あふれるクリエイターで、集まった作品を聴いてはガクブルしておりました。
そして、彼らの作品から、色々と刺激も受け、新たなアイデア発見につながったようにも思えます。

今回のリリースを機に、メンバーの描く創作の世界に少しでも興味を持っていただけたらなーと思います。
これからのリリース、そして各メンバーの作品もよろしくお願いします!

楽曲レビューは多分明日あたり!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。