SULFURIC ACID PRODUCT
RYUWAVEによる個人サークル「SULFURIC ACID PRODUCT」のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【C82告知】Three-Four Time Capsule.
今日2回目の更新。
はい、気付いたら今年も夏コミの季節がやって参りました~
今回は1か所だけ参加しております。

Three-Four Time Capsule. / Lunatic Locus
banner_500.png
2日目(8/11) コ-43b「刹那パラドックス」
価格 500円


一昨年のヘタレ音屋企画で知り合い、CHAOS MIXERやイベントなどで色々とお世話になっている
るぅなんさん企画のアレンジコンピレーションCDです。
東方楽曲を3/4拍子にアレンジする、というありそうでなかった企画で、
4拍子だった曲が3拍子になったり、3拍子の曲は3拍子のままだったり、とかになっています。
クラシック系やケルト(ジグ)といったアコースティック系だけでなく、ブレイクコアやテクノ、ダンス系の曲もあり、
ジャンルのバリエーションもなかなかのものになっていると思います。

【参加曲】
[BREAKCORE WALTZ]
AKUTAGAWA OVERFLOW / 崎村龍之介 feat.NITRIC ACID PROJECT
BPM 218
出典:東方風神録「芥川龍之介の河童 ~ Candid Friend」




ブレイクコアです。原曲も3/4拍子でしたがこの曲も終始3/4拍子です。
(サンプリングのせいでそう聴こえないところがあるかもしれませんが)
自分の前のトラックがるぅなんさんの風3面道中曲のアレンジだったりするんですが、
この曲は3面ボス曲ですねー。
るぅなんさんの曲はゆったりしてるのに自分のは相変わらず速くて忙しい曲という。
にとりの曲でブレイクコアやろう、というのは結構前から考えてたんですが、
ようやく形にできた感じです。
ブレイクコアを作るのは久々でしたが、作っててやっぱり面白かったですね。

高速BPMは激流を、アーメンブレイクやシンセの音は河童の機械工学をイメージしてる・・・つもり。
アコーディオンの音は激しい中にも優雅さが表れていればいいかなー、とか、
Ed Coxというアコーディオンを取り入れたブレイクコアを作るアーティストへのオマージュとかだったりします。
曲自体はあまりEd Coxっぽくないけど。
そして例によって曲中のジャンル変化もあり、ジャズワルツ、ダブステップ風味のパートが現れます。
全体的に忙しいけどここで一旦ゆったりさせてはいたり。

サンプリングは「河童」や「にとり」に関するネタがメイン。
あとさっきの記事で書いた0KBの曲で使ったホイッスルの音をなぜか再利用してたりもします。

ちなみに名義ですが、「崎村龍之介」は「さきむらりゅう」と「芥川龍之介」を、
「NITRIC ACID PROJECT」は「SULFURIC ACID PRODUCT」と「にとり」を掛けたモノだったりします。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。