SULFURIC ACID PRODUCT
RYUWAVEによる個人サークル「SULFURIC ACID PRODUCT」のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【例大祭9告知④】Synthtic
4つめの参加CD紹介でーす!
参加情報の全体のまとめは先日の記事にまとめてあるので
そちらもご覧くださいませー

Synthtic / Black Onyx
え-50a「恋色屋」
価格 500円


今回もやります、恋色屋テクノ部隊Black Onyxが送る
アレンジコンピレーション。
BOメンバーに加え、ノルウェー在住で、
エレクトロハウスやUKハードコア、電波系ポップなどを得意とするアレンジャー
cYsmixさんが強力な助っ人として登場!
そして、エレクトロハウス、フリーフォームハードコア、サイケデリックトランス(ダーク)、
ハンズアップ(ユーロトランス)と、これまでのBOのCDでなかったジャンルのアレンジが新たに出現、
新鮮な感じのCDになっているかと思われます。

前回が攻撃的、アングラ気味の曲が多かった分、今回は比較的爽やかな感じになっているかと思っています。
自分は逆にいつにも増してアングラな感じで挑んでしまった気がしますが。

【参加曲】
[PSY-TRANCE(DARK/PSYCORE)]
PLUS-TECH OBSESSION
BPM 179
出典:東方怪綺談「プラスチックマインド」


プレビュー版はこちら


BOはハードコアが得意なメンバーが集まっていて、自分もハードコアメインですが、
今回は敢えてダークサイケ/サイコアでいきました。
でもBPM179あるよ!?あとサイ「コア」って名乗っちゃってるよ!?

サイケなのにBPMはえーよ、と思ったそこの貴方。
サイケの中で「ダークサイケ」に分類されるモノの中には、BPMが速めのもあります。
160だったり170だったり、果ては190だったり200だったり210だったり・・・
ハードコアの影響があるかは不明ですが、ソレら速いダークサイケを「サイコア」と呼んだりするらしいし
しないらしいです・・・すいませんここらへんちょっと調査不足です(´・ω・`)
(便宜上自分は速いヤツをひっくるめてそう呼んでます)
アーティストとしてはCosmo、Mushroom Jet、Gorump Peyya、Inshizzoあたりが挙げられます。
(ちなみにInshizzoはハードコア、ブレイクコアの領域にも踏み入れているアーティスト)

今年の始めあたりに、ダークサイケの事を知り、そこから色々聴いて近いうちにやりたいなーと思っていて、
また東方アレンジであまりこのジャンルを見かけなかったり、
チャーリー(Ottikiさん)のジャケットがサイケ調だったにも関わらず今までサイケアレンジがなかった事から、
今回このジャンルで挑むことにしました。
しかしダークサイケの「ほとんどメロディがない」という性質や、そもそも自分のサイケ制作経験が薄い事から、
色々考えたりやってみた結果こんな感じに。

原曲はプラスチックマインド。怪綺談の3面ボスの方のアリスのテーマですね。
そして怪綺談の曲のアレンジは今回が初めてになります。
・・・が、ダークサイケの性質上、原曲崩壊になってしまいました^q^
コレでも一応なんとか原曲がわかるようにしてみたつもりではあるんですが・・・

シンセはとにかくアシッド音ビヨビヨ。効果音は素材だったりシンセで作ったのだったり。
キックとローリングベースはsylenth1(例大祭曲はどの曲もsylenth1が結構活躍してます)。
sylenth1,toxic biohazard,poizone,sawer,FL付属のsytrus,waspと所持している
ソフトシンセを総動員したりもしてます。

ダークサイケは大胆なサンプリングも行ったりします。
この曲にも色んなネタを組み込んでたりするんですが・・・
まぁあまり語らないでおきましょう(
ちょっとやり過ぎた感じもしますが。

曲の長さは7分を超えていて、自分が作ってきた曲の中で最長記録を更新しました。
サイケはコレぐらいの長さが当たり前、って感じなんですが。
BPM早くてアシッド音とか効果音とかサンプリングが鳴りまくってるのにこの長さとか疲れるね。
いい具合にトリップしちゃってください。

あと曲名ですが、PLUS-TECHってのはPlus-Tech Squeeze Boxに倣って付けた感じです。
曲にサンプリング入れまくってるとこも共通している感じか。
でもなんでPLUS-TECHなOBSESSIONなんでしょうね。
曲調、ジャンル的にOBSESSION(執着、妄想、取りつかれている事)って単語がしっくりきたんですが
PLUS-TECH(→PLASTIC,柔軟な、不自然な、作った)との組み合わせ、わけがわからないよ。
アルバムタイトルのSynthtic(→Synthetic,合成の、本物でない、偽の、人工的な)と
繋がってなくもない・・・か?
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。